P-SPIRITコース 学習塾 | 小学生6年生 | 富士校

< 中学受験対策校 >

静岡大学付属静岡中学校、星陵中学校、静岡雙葉中学校、静岡聖光学院中学校、不二聖心女子学院中学校、日本大学三島中学校、加藤学園暁秀中学校、静岡サレジオ中高一貫教育学校、静岡学園中学校、静岡英和女学院中学校、東海大学付属翔洋中等部、静岡県富士見中学校、常葉学園中学校、函嶺白百合学園中学校 ほか

P-SPIRIT 受講をご検討中の方へ

まずはお気軽にお問合わせください

  • お電話でのお問い合わせ 富士校(受験進学SIDE) TEL. 0545-64-5955
  • お問い合わせ・お申込み 〜ご相談・ご質問・お申し込みはこちら
  • 資料請求 〜パンフレット・資料をご送付
  • 体験授業の申込み

おめでとう! 中学受験合格実績

2019年度 中学受験合格実績 今年もPASS生 圧勝!!です

  • 星陵中学校 5名合格(特待合格1名)
  • 静岡雙葉中学校 2名合格
  • 日大三島中学校 2名合格
  • 静岡聖光学院中学校 2名合格(特待合格1名)
  • 富士見中学校 2名合格

2018年度 中学受験合格実績

  • 静岡雙葉中学校 3名合格
  • 星陵中学校 9名合格
  • 静岡サレジオ中学校 1名合格
  • 富士見中学校 1名合格
  • 東海大学付属静岡翔洋高等学校中等部 1名合格

2017年度 中学受験合格実績

  • 加藤学園暁秀中学校 3名合格
  • 日大三島中学校 1名合格
  • 静岡英和女学院中学校 1名合格
  • 静岡雙葉中学校 3名合格
  • 清水南中学校 1名合格
  • 静岡学園中学校 1名合格
  • 静岡サレジオ中学校 2名合格

2016年度 中学受験合格実績

  • 星陵中学校 4名合格
  • 不二聖心女子学院中学校 2名合格
  • 日大三島中学校 1名合格
  • 富士見中学校 1名合格

2015年度 中学受験合格実績

  • 静岡大学附属静岡中学校 1名合格
  • 静岡聖光学院中学校 6名合格
  • 不二聖心女子学院中学校 2名合格
  • 静岡雙葉中学校 1名合格
  • 東海大学付属翔洋中学校 1名合格
  • 日大三島中学校 1名

「わかるまで」「できるまで」のパーフェクトマスターコース

P-SPIRITは、PASSオリジナルの「わかるまで」「できるまで」のプログラム。頑張ることでの自信を育み、ハイレベルな基礎力と共に中学受験突破力を身に付けます!

PASSのP-SPIRITは、夕食弁当を持参頂くという長時間滞在学習形式をとっております。「スモールステップ&パーフェクトマスター」体系的に中学受験で必要なスキルを完全修得させることで、中学受験する方には確実な合格力を。公立中へ進学される方には、トップ層でリーダーを目指して頂ける高い基礎&応用力の土台を身に付けることを目標としています。

静岡県中学入試問題出題傾向(例:星陵中学校)

国語

説明文、物語文、言語に関する知識の3分野から出題されます。試験時間は50分です。

[説明文・物語文について]

  • 文章はそれぞれ2,000字程度です。
  • 選択肢問題以外にも、20字~80字程度の記述問題が出されます。
  • 入試問題で出される文章は初めて見るものになります。2,000字程度のまとまった文章をたくさん読んでおきましょう。

[言葉に対する知識を問う問題について]

  • ことわざ、慣用句、熟語、筆順等、様々な形式の出題があります。
  • 入試で問われる漢字は、小学校で習う全範囲が対象となります。音読み・訓読み・送り仮名・意味・熟語など、総合的な知識を身につけておきましょう。

算数

出題範囲は、6年生の2学期(比例・反比例)まで、試験時間は50分です。

  • 計算問題は、やや複雑な計算や工夫して計算する問題が出題されます。
  • 文章問題・図形問題は、公式を身につけた上で、問題の内容を理解し、それに合った図を自分で書いたり、 簡単な場合で考えたりして答えを導き出す問題が出題されます。
  • 比例・反比例は、これらの定義や性質を使って、2量の関係を的確にとらえ、表やグラフから2量関係を考え、答えを 導き出す問題が出題されます。
  • ならべ方と組み合わせの問題は、起こりうる場合について、落ちや重なりが無いように表や図にしながら、筋道立てて考える問題が出題されます。

理科

物理、化学、生物、地学の4分野からまんべんなく出題されます 。試験時闇は30分です。

  • 問題の7~8割は、基本をしっかりと理解し、その基本をもとに考えれば解ける問題です。覚えた基本がそのまま出るとは限りませんが、まずはしっかりと基本を覚えましょう。
  • 計算問題の出題は、1~2割と多くはありませんが、点数の差がつきやすいところです。そのため、基礎的な計算問題を繰り返し解きパターンを見つけ、慣れることが大切です。
  • 問題中の実験の目的や操作、図やグラフの見方など、問題文を素早く読み取り何が求められているのか、どのように答えたら良いのかを的確に判断することが必要です。

社会

地理、歴史、公民の3分野からまんべんなく出題されます。試験時間は30分です。

  • 歴史的分野の配点は例年3分野の中で最も高くなっています。時代別では、江戸時代から第2次世界大戦までの問題が比較的良く出ています。歴史用語を30字程度にまとめる練習が必要です。
  • 地理的分野の問題は、環境問題などの時事問題とからめて出題されることも多いので、 関連させて学習しておくことが大切です。 また都道府県名とその県庁所在地を漢字で正しく書けるようにし、地図上の位置を示せるようにしておきましょう。
  • 公民的分野では、日本国憲法の三大原則から基本的人権に関する問題が毎年出題されています。

P-SPIRIT 受講をご検討中の方へ

まずはお気軽にお問合わせください

  • お電話でのお問い合わせ 富士校(受験進学SIDE) TEL. 0545-64-5955
  • お問い合わせ・お申込み 〜ご相談・ご質問・お申し込みはこちら
  • 資料請求 〜パンフレット・資料をご送付
  • 体験授業の申込み

合格へのカリキュラム(2科目型・4科目型選択受講可能)

第1ターム
2〜6月
レギュラー授業+春期講習
第2ターム
7〜10月
レギュラー授業+夏期講習
第3ターム
11〜12月
レギュラー授業+冬期講習
国語 説明的文章・文学的文章の読解(基本編)
文法事項
説明的文章・文学的文章の読解(応用編)
文法事項
弱点対策
入試直前対策
算数 小5内容の確認
小6内容の基本習得
(基礎力養成期)
小5・小6内容
応用問題
(応用力養成期)
弱点対策
入試直前対策
理科 小5内容の確認
小6内容の基本習得
(基礎力養成期)
小5・小6内容
応用問題
(応用力養成期)
弱点対策
入試直前対策
社会 日本の地理
日本の歴史
(基礎力養成期)
国民の生活と政治
日本の地理・歴史
(応用力養成期)
弱点対策
入試直前対策

合格力養成のサイクル

スケジュール(予定)(開始時間はスケジュール都合で30分程度変更する場合があります)

17:30  
 〜18:30
国語 授業 理科 授業 国語 授業
18:30  
 〜19:00
国語 演習 理科 演習 国語 演習
19:00  
 〜20:00
算数 授業 社会 授業 算数 授業
20:00  
 〜20:30
算数 演習 社会 演習 算数 演習
20:30  
 〜21:45
残り勉 残り勉 残り勉

PASSの努力MAP

頑張る君を応援する

必勝とことん道場(日曜日実施)

秋期から冬期の受験勉強も大詰めの第2ターム後半。PASSではアウトプットの集大成として各科、暗記事項を中心に出題頻度順の徹底的な正答力アップのための特別講座も開講。「正答力」も練習でここまで上がるを体感できます。

春期・夏期・冬期講習

PASSでは受験生としての熱い講習は春からスタートします。授業プラスできるまでとことん演習するスタイルで長期休みを利用して集中的に学力を伸長させます。2科、4科選択型ですので、自分の受験校に合わせてのチョイスも可能です。

中学校での本番レベル模試

受験まであともう少し、緊張感高まる秋期には、受験地である実際の中学校を会場に臨場感あふれる本番そっくり模試を行います。受験当日のシュミレーションができるので、多勢が参加します。

保護者会&教育イベント

毎年4月、6月、11月に各中学校の先生方をゲストに様々な教育イベントを開催します。春は入試報告会や合格した先輩やお家の方のメッセージを、初夏は各学校の紹介や説明会、そして秋期は個別相談会と有用情報を提供します。参加することでモチベーションを高めるチャンスを得てください。

夏期&正月合宿24H

PASS名物となった夏期と正月の「合宿24」2泊3日で24時間の勉強に挑みます。合宿地は伊豆。勉強だけに集中できる環境で、講師そして生徒ともに学力と意識を高め合います。「合宿で気持ちが大きく変わった」と合格者の多くが評しています。

模試を活用しての合格診断

PASSでは、主に4種の模試を利用して多角的に学力分析を図ります。定期的に受験することで学習に対する指針が持て、弱点補強対策も具体化すると共に志望校の明確な選定に有用です。

P-SPIRIT 受講をご検討中の方へ

まずはお気軽にお問合わせください

  • お電話でのお問い合わせ 富士校(受験進学SIDE) TEL. 0545-64-5955
  • お問い合わせ・お申込み 〜ご相談・ご質問・お申し込みはこちら
  • 資料請求 〜パンフレット・資料をご送付
  • 体験授業の申込み