2015年 大学入試 合格体験記 北海道大学 総合入試理系 現役合格

北海道大学 総合入試理系 現役合格 東京農業大学 応用生物科学部 合格 遠藤優さん(県立富士高等学校)

ライバルの存在が私を成長されてくれました!

 私には、野生動物の研究者になるために獣医学部に進学したいという夢がありました。しかし、そのためには自分の現状の成績よりずっと上のレベルの大学に合格する必要がありました。

東進の校舎にいる担任の先生との最初の面談で、夢と現状の学力とのギャップに苦しんでいるという胸の内を告白した時、真剣に受け止めてくださったのが強く印象に残っています。東進はIT授業の予備校のため、人と人とのつながりが薄い場所なのかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。週1回のグループ面談では、受験に役立つ情報の提供はもちろん、担任の先生が受験生だった頃の体験談も聞かせていただくことができ、大変参考になりました。

東進のコンテンツで一番役に立ったと感じるのは、「過去問演習講座(センター対策)」です。この講座では、センター試験の過去問を10年分演習できるだけではなく、5教科7科目すべてに東進の一流講師陣による解説授業が付いているため、センター試験の演習を効率良く行うことができました。その結果、高校で行われた最後のセンター模試では第一志望校に対してB判定をもらうことができました。

しかし、センター試験本番では、事前に思い描いていたような良い結果を得ることができませんでした。センター試験後には気分が落ち込み、志望校をどこにするかでかなり悩んでいたのですが、そんな時に担任の先生から声を掛けて励ましていただいたことがとても嬉しかったです。担任の先生からの温かくも厳しい指導とアドバイスがあったからこそ、最後まで諦めることなく試験本番まで努力を続けることができたのだと思います。

後輩には、自らに秘められた無限の可能性を信じ、後悔を残さないように全力で頑張ってくださいと助言したいです。努力相応の結果が出るとは限らないですが、大学受験を全力で頑張った経験は、あなたたちのこれからの人生において大きな糧となるはずです。

私が合格した北海道大学総合入試理系は、大学1年生の成績次第で進学できる学部学科が振り分けられるという厳しい世界です。大学に入学してからも努力を続け、自分の希望に少しでも近い学部学科に行けるよう全力で頑張ります。1年間本当にありがとうございました。