• 能力開発
  • 基礎学力
    up
  • 中学受験
    対策
  • 富士校
  • 小4
    ~小6

about四谷大塚NETとは

"自ら考える力"を育むために

四谷大塚は、「受験のノウハウを詰め込むだけが塾の役目」とは考えていません。それは、お子さまが将来遭遇する問題には、必ずしも答えが用意されているとは限らないからです。そのようなときこそ、「自ら答えを探す思考力」を持っているかどうかが問われるのではないでしょうか。では、その思考力や創造力、つまり「自ら考える力」は、どのようにしたら身につくのでしょうか。四谷大塚では、大きく分けて2つの方法があると考えます。

自ら考える力を育むために

自ら求め、自ら考える習慣をつけること

「四谷大塚」では【まず自ら考える→授業を受ける→復習する→テストで確認する】という流れが学習の本来の姿であると考えています。先生に正解を教えてもらう前に、これまでの知識を総動員して新たな問題にチャレンジするうちに、オリジナルの思考パターンが生まれます。逆の表現をすれば、なにもかも教え込まれる指導からは、自ら考える力は育ちません。まずは自ら考える、そしてそれを授業で確かめ、より深い考え方を復習で身につけ、さらにテストで確認する。この“自ら考える習慣”を身につけることが、非常に大切なのです。

基本を大切に、徹底的に積み重ねること

四谷大塚は、「基本」を大切にしています。基本というものは、新たな思考を生む発射台のようなものです。基本をきちんと積み重ねていると、あるとき、急に目の前が開けるときがやってきます。理解力が高まり、悩んでいた問題がスッと頭に入ってくる、この瞬間が大切なのです。オリジナルな発想は、基本を確実にマスターした人だけの特権なのです。四谷大塚は、受験テクニックよりも、まず正しい考え方を身につけることから指導していきます。

基本を大切に、徹底的に積み重ねること
「教材」「評価」「指導」3つの学習の柱と「豊富なインターネットコンテンツ」

四谷大塚NET本科コース
3つのポイント

point 01 優れた教材

予習シリーズ
予習シリーズは、「四谷大塚」の教科書です。「四谷大塚」のすべての学習は、この予習シリーズのカリキュラムをベースに進められます。予習シリーズには、好奇心を刺激するカラー写真や、オリジナルのイラストを豊富に用いた解説とともに、一つ解くだけで周辺問題も解けるような、本当の意味での“いい問題”が収録されています。“学習予定表”に沿って、1週間単位で区切られた学習を行うことにより、中学受験に必要な学力が無理なく身につきます。

予習シリーズについて

point 02 わかりやすい授業

学習指導
授業は予習シリーズの学習内容を着実な理解につなげるためのものです。超難関校の合格を目指すクラスから、基本を確実に身につけるクラスまで、お子さま一人ひとりに合わせた学力別のクラス編成。「予習シリーズ」を知り尽くした各教科の講師陣がポイントをわかりやすく、やさしくていねいに指導します。

わかりやすい授業

point 03 習熟度のチェック

学力評価
「四谷大塚」では、テストは学習を確実に身につけるために、なくてはならない大切なものとして位置づけています。毎週のテストでは、予習シリーズで学んだ1週間の学習内容を確認、自分がどの程度理解できているのかを、確実にチェックできます。年2回実施の全国統一小学生テストで学力を定期的に測定します。

習熟度のチェック

四谷大塚の「予習シリーズ」

首都圏の受験生のおよそ2人に1人が
学習するベストセラー。
それが四谷大塚の「予習シリーズ」です。

一つの分野の学習を段階的に学習することにより、学習内容を振り返りながら、基本の理解と定着を図り応用力を身につけます。算数であれば、4年生のときにある問題を解くひとつの方法を学んだとします。すると「予習シリーズ」では5年生になって同様の問題を「別の方法で解く」ことを学びます。子どもたちは、「アレ、これは前に習ったぞ」と思い出すと同時に、答えを見つける方法はひとつでないことを知り、以前習った内容をもっと深く理解できるようになるわけです。

教材

子どもたちの学力を本当に高める
「予習シリーズ」のらせん型カリキュラム。

このように算・国・理・社のすべての分野でらせん型にカリキュラムが組まれ、それに沿った学習を繰り返し続けることで、問題を解くための「自ら考える力」を自然と身につけることができるのです。

算・国・理・社のすべての分野のカリキュラム

四谷大塚の工夫が一杯の教材

算数は、掲載しているすべての問題に「詳細な解説」を載せてあります。考え方や解き方につまずいたときにも、解説を読んで、しっかり理解することができます。国語では、最近の入試問題によく見られる「記述式」問題への対応を4年生の段階からしっかりと行います。理科・社会では、カラー写真やカラーイラストが豊富に並んでいます。イラストは一点一点描き起こしたオリジナル。「これはなんだろう?」と、思わず興味をそそられるはずです。

四谷大塚の工夫が一杯の教材

1週間単位のカリキュラムで集中して学べる

「予習シリーズ」の学習範囲は、一週間単位で一区切りとなっています。そのため、今週自分がどこまで学べばいいのかがハッキリとわかり、目標も立てやすくなります。また、一週間で学び切る学習サイクルが身につくため、ダラダラと机に向かうこともなくなります。

1週間単位のカリキュラムで集中して学べる

子どもの気持ちをよく知っている先生が執筆

「予習シリーズ」を執筆しているのは、四谷大塚で実際に子どもたちの前に立ち、毎日学習指導している先生です。子どもたちが身を乗り出すテーマは何か、どのような順番で教えれば最も理解しやすいか。学習指導の現場の空気を、教材に反映させています。

子どもの気持ちをよく知っている先生が執筆

繰り返し学ぶことで知識がしっかり身につく

「予習シリーズ」のカリキュラムは5週に一度「総合」の回が設けられ、それまでに学んだ前4週分の復習をします。学習内容を繰り返すことで、知識を確実に定着させます。

繰り返し学ぶことで知識がしっかり身につく

四谷大塚NET 本科コースの受講をご検討の方へ

お電話でのお問い合わせはこちら

富士校

0545-64-5955

平日・土曜日 14:00~22:00

フレスポ長泉校

055-939-6505

【幼児・小学部】月~金 10:00~19:00
【中学部】月~土 10:00~22:00

フォームでのお問い合わせはこちら